前後左右将軍

左将軍から転送)

前後左右将軍(ぜんごさゆうしょうぐん)は、中国前漢以降の官職名。軍を率いる将軍位の一つ。

  • 前将軍
  • 左将軍
  • 右将軍
  • 後将軍

の四種の総称である。

漢書』百官公卿表上、『続漢書』百官志一によれば末に生まれた官であるという。金印紫綬で、常に置かれたのではなかった。征伐を掌り、任務が終われば官自体も終了した。

宋書』百官志上によると、後漢光武帝建武7年(31年)に一旦廃止され、以降にまた置かれるようになったというが、『後漢書』光武帝紀によれば建武13年(37年)に左右将軍が廃止されており、後漢末以降また置かれるようになっている。

三国時代の魏では二品官であった。前将軍に夏侯惇張遼満寵文欽、後将軍に曹洪朱霊牛金文聘鍾毓、左将軍に張郃徐晃于禁郭淮毌丘倹、右将軍に張郃・楽進夏侯覇などが任じられた。蜀漢では前将軍に関羽魏延李厳鄧芝、後将軍に黄忠姜維宗預、左将軍に馬超呉懿向朗龐義句扶、右将軍に張飛諸葛亮高翔輔匡などが任じられた。では前将軍に呂範朱桓孫秀唐咨鍾離牧、後将軍に丁封賀斉、左将軍に諸葛瑾朱拠士燮留賛留平、右将軍に潘璋孫慮呂拠歩騭諸葛靚などが任じられた。

『宋書』百官志上、下によると、宋においてはいわゆる四征将軍中国語版四鎮将軍などより下位にあった。

参考文献編集

  • 漢書』巻19上百官公卿表上、巻55霍去病伝
  • 続漢書』(『後漢書』合刻)百官志一
  • 宋書』巻39百官志上、巻40百官志下