直接販売

マーケティング用語

直接販売(ちょくせつはんばい、: direct selling)とは経営学用語の一つ。直販、0段階チャネルとも呼ばれる。これは企業において消費者に対して行われている販売の形式であり、通常の流通システムを介さずに、直接消費者に対して送付すると言う形式で販売することである。インターネットによって行われている販売の形式がこれのこともある。自らが生産した農産物や加工品は直接販売という形式で販売されていることがある。金融においてもこの言葉が使われていることがあり、この場合には、投資信託を運用している会社が、直接消費者に対して投資信託の販売を行うことが意味されている。この際の直接販売というのは、通常ならば投資信託というのは販売会社を介して消費者が購入することに対して、販売会社を通さずに販売をしていることから、運用会社というのは販売会社の役割を担うこととなっている。

関連項目編集

外部リンク編集