メインメニューを開く

直越道(ただごえのみち)とは、河内国大和国とを結ぶ古代ののことである。最短ルートではあるが生駒山地を横切ることになり、かなり険しい道筋であった。現在の暗越奈良街道(くらがりごえならかいどう)とはルートの一部が重なっていると考えられている。

古事記にも登場する古道である。