真壁 顕幹(まかべ あきもと)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての常陸武将

 
真壁 顕幹
時代 南北朝時代から室町時代前期
生誕 文和5年/正平11年1月13日1356年2月14日
死没 応永22年1月12日1415年2月21日
別名 孫次郎
官位 刑部大輔
幕府 室町幕府
主君 足利義満
氏族 真壁氏
父母 父:真壁広幹、母:不詳
兄弟 顕幹勝幹
秀幹景幹泰幹
テンプレートを表示

生涯編集

永和3年/天授3年(1377年)3月5日、家督を継ぐ[1]。応永8年(1401年)12月30日に大御所足利義満から所領安堵を受けた[2]。この時には出家して聖賢と号している。応永11年(1404年)12月15日、嫡子の秀幹に家督を譲って隠居する。応永22年(1415年)に死去[2]。享年60。

脚注編集

  1. ^ 安田 1990, p. 568.
  2. ^ a b 安田 1990, p. 569.

参考文献編集

  • 安田元久 編 『鎌倉・室町人名事典』(コンパクト)新人物往来社、1990年。