真如寺川(しんにょじがわ)は、大阪府高槻市北部を流れる川。芥川の支流であり、淀川の2次支流。一級河川の起点は高槻市浦堂2丁目。

真如寺川
水系 一級水系 淀川
種別 一級河川
平均の流量 -- m³/s
水源 安岡寺町
(大阪府)
水源の標高 -- m
河口・合流先 芥川(大阪府高槻市)
流域 大阪府
テンプレートを表示

流域編集

大阪府高槻市北部を流れる、芥川の支流。高槻市浦堂2丁目を一級河川の起点とする。他に、「寺谷川」とも称される。安岡寺町北部の丘陵に発し南流したあと、安岡寺町寺谷町の町境を流れ浦堂地区を貫流し、西真上一丁目と二丁目の境界付近で芥川左岸に注ぐ。高度成長期に造成・開発された住宅地の中を流れるため護岸工事がなされており、コンクリートによって覆われた三面張りの都市河川と化している。[1]

流域の自治体編集

大阪府高槻市のみ。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集