メインメニューを開く

芥川(あくたがわ)は、主に大阪府高槻市を流れる淀川水系の一級河川

芥川
摂津峡
芥川上流、摂津峡
水系 一級水系 淀川
種別 一級河川
延長 25 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 52 km²
水源 明神ヶ岳
(大阪府・京都府)
水源の標高 -- m
河口・合流先 淀川(大阪府高槻市)
流域 大阪府京都府
テンプレートを表示
高槻市川西町国道171号から上流方向

名称の由来は阿久刀神社の荘園の川、阿久刀川から転じたものであると言われる。 伊勢物語の第六段に書かれている川との説がある。

地理編集

大阪府高槻市と京都府亀岡市との境をなす明神ヶ岳に源を発し、山間部で京都市西京区高槻市の市境を流れた後、高槻市を南に縦断して流れ、女瀬川を高槻市中心部で合わせ高槻市南部で淀川に注ぐ。 上流部の摂津峡は名所として知られ、花見やキャンプ、紅葉狩りなどの行楽客を集める。

中流部で旧西国街道と交わるあたりは宿場町として栄え、芥川は六宿駅の一つに数えられる。

女瀬川との合流付近から下流はやや天井川となっており、国土交通省による直轄河川となる。

流域の自治体編集

大阪府
高槻市
京都府
京都市西京区

主な水害編集

歌枕編集

芥川は歌枕として歌人に詠まれてきた。

  • はつかにも君をみしまの芥川あくとや人のおとづれもせぬ(伊勢
  • 人をとく芥川てふ津の国の名には違はぬ物にぞありける(拾遺和歌集

外部リンク編集