真欨郷(まぶきごう)は、平安時代の陸奥国行方郡にあったである。位置は現在の福島県南相馬市原町区の中心市街付近と推定される。

和名類聚抄』が国・郡・郷を列挙する中に真欨郷が見える[1]。類聚抄に見える6つの郷のうち5郷は、現在の地名から位置がおよそ推測できるが、真欨にあたる地名は後世にない。郡を流れる中規模河川4つのうち、新田川を除く3つの川の流域には、1つか2つの郷が推定される。新田川流域には郡を治めた役所(泉官衙遺跡)があり、ここに郷が一つもないとは考えにくい。よって真欨郷は新田川流域にあったと考えられる[2]

脚注編集

  1. ^ 和名類聚抄』、巻第7、陸奥国行方郡。
  2. ^ 『南相馬に躍動する古代の郡役所』、6頁。

参考文献編集