真田 幸良(さなだ ゆきよし)は、江戸時代後期の信濃国松代藩の世嗣。官位従五位下豊後守

 
真田幸良
Sanada Yukiyoshi.jpg
真田幸良
時代 江戸時代後期
生誕 文化11年10月28日1814年12月9日
死没 天保15年2月7日1844年3月25日
別名 幸栄
官位 従五位下豊後守
信濃松代藩世嗣
氏族 久松松平家真田氏
父母 松平定信
真田幸貫
貞松院
チエ
幸教、貞子
テンプレートを表示

略歴編集

8代藩主・真田幸貫の長男として誕生。

幸貫が真田家に養子入りする以前に生まれた子供だったため、幕府には祖父・松平定信の末男と届け出た。その後、幸貫が松代藩主となったため、その養嗣子に迎えられた。

天保15年(1844年)、家督を相続することなく早世し、長男・幸教が代わって嫡子となった。

系譜編集