メインメニューを開く

真田 熊之助(さなだ くまのすけ)は、江戸時代前期の大名上野国沼田藩の第3代藩主。第2代藩主・真田信吉の長男。異母弟に真田信利諡号は一陽院。

 
真田熊之助
時代 江戸時代前期
生誕 寛永9年(1632年5月
死没 寛永15年11月6日1638年12月11日
官位 なし
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光
上野沼田藩
氏族 真田氏
父母 父:真田信吉
兄弟 熊之助信利(信直)、長姫(関長政正室、後に公卿千種有能[1]室)

生涯 編集

寛永11年(1634年)11月28日に父・信吉が死去したため、翌年12月5日にわずか4歳で家督を継いで沼田城主となる。幼少のため、叔父の信政が後見人に就いて政務を行なった。しかし寛永15年(1638年)11月6日に7歳で夭折した。嗣子がいるはずもなく、その跡は信政が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 千種家譜では有能の長男千種有維の室