メインメニューを開く

関 長政(せき ながまさ)は、江戸時代前期の大名美作宮川藩の初代藩主。新見藩関家初代。

 
関 長政
Seki Nagamasa.jpg
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 慶長17年8月1日1612年8月27日
死没 元禄11年7月16日1698年8月21日
改名 次郎八(幼名)→長政
別名 式部(通称)
戒名 寿福院殿梅巌性誠大居士
墓所 東京都港区白金台瑞聖寺
官位 従五位下、但馬守、備前
幕府 江戸幕府
美作宮川藩
氏族 関氏
父母 父:関成次、母:郷(森忠政の三女)
兄弟 森長継長政衆之、長(森三信正室)、伊勢松(森正方正室)
正室:長姫(真田信吉の娘〉
養子:長治養女松平康雄室)、養女毛利元次室)

慶長17年(1612年)、美作津山藩主・森忠政の重臣・関成次の次男として生まれる。兄・長継が第2代津山藩主として外祖父・忠政の跡を継ぐと、兄より18700石を分与されて津山藩の支藩である宮川藩を立藩した。なお、立藩の時期は『徳川実紀』によれば寛永11年(1634年)、『恩栄録』によれば寛永14年(1637年)、『寛政重修諸家譜』では承応元年(1652年)と諸説あって明確ではない。

元禄2年(1689年)6月6日、甥で養子の長治に家督を譲って隠居する。元禄11年(1698年)に死去した。享年87。