真野 俊和(しんの としかず、1944年10月27日[1]- )は、日本民俗学者。元筑波大学教授。

東京都生まれ。1968年東京教育大学理学部卒業。1974年同大学院文学研究科修士課程修了。1993年「日本の民俗宗教における遊行性の研究」で筑波大学文学博士(博士(文学))。福島県教育庁文化課(博物館準備室)学芸員、上越教育大学助教授、教授。国立歴史民俗博物館客員部門助教授、兵庫教育大学連合学校教育学研究科教授。筑波大学教授、2008年定年退任。

著書編集

  • 『旅のなかの宗教 巡礼の民俗誌』日本放送出版協会(NHKブックス) 1980
  • 『日本の聖域10 四国遍路』(写真斎藤貢一と共著)佼成出版社 1981
  • 『聖なる旅』東京堂出版(民俗宗教シリーズ) 1991
  • 『日本遊行宗教論』吉川弘文館(日本歴史民俗叢書) 1991
  • 『日本の祭りを読み解く』吉川弘文館(歴史文化ライブラリー) 2001
  • 『日本民俗学原論 人文学のためのレッスン』吉川弘文館 2009
  • 『「人文学」という思考法 〈思考法〉を深く読み込むために』社会評論社 2015

編集

編集

  1. ^ 『著作権台帳』