知恵の書』(ちえのしょ)は、カトリック教会正教会旧約聖書に含めるが、プロテスタントでは含まず、ユダヤ教でも外典として扱っている書物のうちひとつ。『ソロモンの知恵』とも言われ、内容分析からアレクサンドリア紀元前1世紀ごろ記されたと考えられている。イスラエルの歴史を振り返りながら、知恵が常に存在していたことを、知恵を擬人化しながら述べていく。

関連項目編集

外部リンク編集

  ウィキソースには、『ソロモンの智慧』 (知恵の書) の原文があります。