メインメニューを開く

石並川(いしなみがわ)は、宮崎県日向市を流れる二級水系石並川本流である[1]

石並川
水系 二級水系 石並川
種別 二級河川
延長 6.7 km
水源 神陰山(1,272.1m)
水源の標高 850 m
河口・合流先 日向灘
流域 宮崎県日向市
テンプレートを表示

目次

地理編集

「神陰山」(1,272.1m)山麓に端を発しv字谷を形成し山麓沿いにうねりながら流れ平野部に至り、すぐに日向灘に流入する。

流域の自治体編集

庭田水源の森編集

石並川支流「丸木谷」の「畑倉山」(849.4m)を中点とした北東山麓に位置する森林で、庭田水源の森として水源の森百選に指定されている[2]

山岳 面積(ha) 標高(m) 人工林(%) 天然林(%) 主な樹種 制限林 種類 流量(m3/日)
畑倉山 450 320 ~930 100 0 スギヒノキ 水源かん養保安林  流水(石並川)、     7,500

過去に昔は炭焼きで山が荒廃し、山林はすべて40年以上かけて植林した人工林である。水源は農業用水のほか生活用水、ゴルフ場の池の水にも利用されている。水源の森のすぐ南方には、若山牧水が故郷の詩で歌った名峰尾鈴山が望める。

所在地:宮崎県日向市大字山陰字庭田(データは指定年1995年平成7年)7月

流域の道路・鉄道編集

関連項目編集

脚注編集