石亀 政頼(いしがめ まさより)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武士石亀信房の嫡男。

 
石亀政頼
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 文禄2年(1593年
主君 南部信直
氏族 石亀氏
父母 石亀信房
兄弟 政頼楢山義実楢山義治
直徳
テンプレートを表示

略歴編集

石亀氏南部氏の庶流、父・信房が三戸郡三戸石亀を領したことで石亀氏を名乗った。

父の死後、家督を継承する。政頼は南部藩士として250石を宛行われた。文禄2年(1593年)に死去。

子・直徳は400石を与えられ、家老として南部氏に仕えた。