メインメニューを開く

石塔 義基(いしどう よしもと)は、南北朝時代の武将。石塔義房の三男。

 
石塔義基
時代 南北朝時代中期
生誕 不詳
死没 1354年
改名 義基(初名)→義憲
別名 義元(初名の別表記)
官位 左衛門佐、左馬助
幕府 室町幕府 奥州総大将
氏族 石塔氏
父母 父:石塔義房
兄弟 範家頼房義基
テンプレートを表示

生涯編集

1335年、父や兄らと共に足利氏に従軍挙兵し、1337年に義房が奥州総大将として赴任した時も同道し、1346年まで父と共に奥羽に在国。この時の官途名は左馬助。康永年間に父の職権を分有し、奥羽の検断権や軍事行使権を行使したという。郡検断権職に守護職権の分与を明記したのも、義基が最初と見られている。1345年に父と共に帰洛を命じられ、観応の擾乱では、父・兄と共に足利直義方についた。

その後、兄・頼房の右馬頭任官と前後して、石塔義憲(- よしのり)と改名し、左衛門佐に任官されたとされる。1354年奥州管領吉良貞家の死没によって奥羽が混乱し、それに乗じて陸奥多賀城府中の吉良満家を攻略し、父や兄が付き従う足利直冬から奥州管領に任命され、権限を行使した。しかし、同年末に足利尊氏が急派した奥州管領斯波家兼に攻められ、玉造郡志栄山で敗死したと伝える。

参考文献編集