石山千晶

大阪府出身の日本の女子プロゴルファー

石山 千晶[1](いしやま ちあき、1995年4月28日 - )は、大阪府八尾市出身の日本の女子プロゴルファーである。大阪学芸高等学校卒業。身長170cm、体重62kg。

TransparentPlaceholder.svg 石山 千晶 Golf pictogram.svg
基本情報
名前 石山 千晶
生年月日 (1995-04-28) 1995年4月28日(26歳)
身長 170 cm (5 ft 7 in)
体重 62 kg (137 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府八尾市
経歴
プロ転向 2016年=LPGA88期
テンプレートを表示

来歴編集

両親の影響により5歳でゴルフを始める[2]、小学校6年生時に出場したドラコン大会で292ヤードを記録した[3]

アマチュア時代の主な成績として、2011年「全日本サンスポ女子アマゴルフ選手権」優勝がある[2]

2015年に日本女子プロゴルフ協会(LPGA)サードクォリファイングトーナメント(QT)に進出[4]

サードQT進出者の資格で2016年シーズン開幕よりTPD単年登録者(呼称は当時)として[5]、主にステップ・アップ・ツアーに出場[6]、同年7月の同ツアー「ANA PRINCESS CUP」において下部ツアーながらプロ初優勝を果たす[7]

同年LPGA最終プロテストに進出し、15位タイとなり3度目の受験で合格[8]。LPGA88期生となる[1]

脚注編集

  1. ^ a b 石山 千晶 プロフィール詳細”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月20日閲覧。
  2. ^ a b 石山 千晶選手のプロフィール”. JGA. 2019年10月20日閲覧。
  3. ^ ステップ・マニアの独断推薦“ヒロイン候補” ~石山千晶”. ALBA.Net (2017年5月24日). 2019年10月20日閲覧。
  4. ^ サードクォリファイングトーナメント(関西会場)結果表”. 日本女子プロゴルフ協会 (2015年11月26日). 2019年10月20日閲覧。
  5. ^ 現シード選手も戦々恐々 LPGAのQT既定変更で海外選手が日本から激減する”. ALBA.Net (2018年2月26日). 2019年10月20日閲覧。
  6. ^ 石山 千晶 年度別大会成績2016”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月20日閲覧。
  7. ^ 【2016】ANA PRINCESS CUP”. 日本女子プロゴルフ協会 (2016年7月15日). 2019年10月20日閲覧。
  8. ^ 2016年度 プロテスト合格者 - 石山 千晶”. 日本女子プロゴルフ協会 (2016年7月29日). 2019年10月20日閲覧。

外部リンク編集