本来の表記は「石山曻之助」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

石山 曻之助(いしやま しょうのすけ、1891年5月1日 - 1943年7月12日[1])は、雷部屋に所属した元力士俳優石濱朗は甥にあたる。 本名は石濱 曻之助(いしはま しょうのすけ)。現在の東京都千代田区出身。168cm、81kg。最高位は西前頭筆頭。得意手は左四つ、寄り、上手投げ。

経歴編集

1906年5月場所に初土俵、1910年6月場所に19歳で十両昇進。1911年6月場所に20歳で入幕した。1915年6月場所には東張出前頭17枚目で8勝2敗の成績を収めるなど、筆頭まで躍進した。1918年5月場所に27歳で廃業し、相場師に転じた。

主な成績編集

  • 幕内成績:60勝66敗17休7分預 勝率.476
  • 幕内在位:15場所
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1911年2月場所)

改名歴編集

  • 石山 昇之助(いしやま しょうのすけ)1910年1月場所 - 1918年5月場所

参考文献編集

  • 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709

出典編集

関連項目編集