メインメニューを開く

石山正三

石山 正三(いしやま しょうぞう、1914年2月23日 - 1973年11月14日)は、日本ロシア語学者ロシア文学研究者

目次

人物編集

東京出身。東京外国語学校ロシア語科卒。1941年、東京外国語学校講師。戦後、東京外国語大学助教授となり、1964年教授。在職中に死去。

1968年学園紛争が盛んだった当時にゲバ学生を警察から庇い、金田一春彦(当時の東京外国語大学教授)から「ほんとうの教育者の態度」と讃えられた[1]。「しかし私にはとても彼のような聖人君子にはなれそうにない」と思って金田一は辞職を決意したという[1]

著書編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ a b 金田一春彦『ケヤキ横丁の住人』67頁

外部リンク編集