メインメニューを開く

石川 永年(いしかわ の ながとし)は、奈良時代貴族。名は長年とも記される。御史大夫石川年足の子。官位従五位下式部員外少輔

 
石川永年
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
別名 長年
官位 従五位下式部員外少輔
主君 称徳天皇
氏族 蘇我氏石川氏
父母 父:石川年足
兄弟 名足永年
テンプレートを表示

目次

経歴編集

天平宝字8年(764年藤原仲麻呂の乱終結後に行われた叙位任官により、従五位下・式部少輔に任ぜられる。

天平神護元年(765年)8月に和気王の謀反が発生した際、それまで和気王の邸宅で飲食をともにするなど親しく交際していた参議粟田道麻呂兵部大輔大津大浦らと共に連座してしまう。永年は式部員外少輔を解任となり、隠岐員外介に左遷される。隠岐国へ着任後数年を経て、首をくくって自殺した[1]

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ 『続日本紀』天平神護元年8月1日条

参考文献編集