メインメニューを開く
石川玄三

石川 玄三(いしかわ げんぞう、慶応3年5月7日[1]1867年6月9日) - 昭和6年(1931年4月15日)は日本の政治家衆議院議員(2期、立憲政友会)。

略歴編集

1867年(慶應3年5月)、下野国河内郡豊郷村(現在の栃木県宇都宮市)に生まれる。和仏法律学校(現在の法政大学)で学んだ後、一年志願兵として日清戦争に従軍し、陸軍歩兵中尉となる。その後、栃木県会議員、同参事会員、同副議長(1909年明治42年)12月-1911年(明治44年)9月)を歴任する。

1917年大正6年)に第13回衆議院議員総選挙に出馬し、当選する(以後2期連続当選)。

脚注編集

  1. ^ 漆崎多四郎『貴衆両院議員名鑑』、1919年、p.8。

参考編集