石川雅望 『国文学名家肖像集』より

石川 雅望(いしかわ まさもち、宝暦3年12月14日1754年1月7日) - 文政13年閏3月24日1830年5月16日))は、江戸時代後期の狂歌師国学者戯作者(げさくしゃ)。狂名、宿屋飯盛(やどやのめしもり)。

目次

生涯編集

浮世絵師石川豊信(いしかわとよのぶ、宿屋の主人、糟谷七兵衛[1])の五男として江戸に生まれる。通称は石川五郎兵衛。号は六樹園、五老山人など。

家業の宿屋を江戸小伝馬町で営むかたわら、狂歌の先達大田南畝(四方赤良、よものあから)のもとで狂歌を学ぶ。天明年間初期(1781年 - 1789年)、狂歌四天王の一人として版元である蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)から多くの狂歌絵本を出版。絵は北尾政演(きたおまさのぶ)[2]

寛政3年(1791年)宿屋の営業許可をめぐり贈収賄の嫌疑をうけ、江戸払い[3]となる。この間、国学研究に打ち込み、雅語用例集『雅言集覧』や『源氏物語』の注釈書『源註余滴』などを書く。

文化5年ごろから狂歌師として復活。雅望のグループを伯楽連[要出典][4]と称し、天明狂歌界を席巻する一方、俳諧歌を主張した鹿津部真顔(しかつべのまがお)と対立。狂歌の軽妙さと諧謔性を重んじ、文化文政時代の狂歌壇を二分する勢力となった。国学者としても知られる。

著書は他に、撰集『万代狂歌集』、和文集『都の手ぶり』、読本飛騨匠物語』、『近江県(おおみあがた)物語』などがある。このうち、『都の手ぶり』は、江戸の両国橋や、馬喰町の様子などを、ほぼ、ひらがな文で記述した随筆である[5]。文政13年(1830年)死去。享年78。

人気作『偐紫田舎源氏(にせむらさきいなかげんじ)』で知られる柳亭種彦(りゅうていたねひこ)の師。

著作編集

  • 「都の手ぶり」『日本随筆大成』第3巻 吉川弘文館、1927
  • 「こがねぐさ」同第10巻
  • 「ねざめのすさび」同第3期第1巻
  • 『石川雅望集』塚本哲三校 有朋堂文庫 1934
  • 『万代狂歌集』宿屋飯盛撰 粕谷宏紀 校 古典文庫 1972
  • 『石川雅望集』叢書江戸文庫 稲田篤信校訂 国書刊行会 1993
    • 「近江県物語」「天羽衣」「飛弾匠物語」「とはずがたり」
  • 『飛騨匠物語』六樹園作 葛飾北斎画 現代語訳江戸の伝奇小説 須永朝彦訳 国書刊行会 2002

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 石川雅望「都の手ぶり」吉川弘文館(日本随筆大成 巻3)、1927年、1頁
  2. ^ 戯作者山東京伝の画号。
  3. ^ 所払い
  4. ^ 絵本譬喩節(えほん たとえのふし)頭光(つむりのひかる)…の社中を伯楽連と称した。」(和泉屋 楓、『絵双紙屋』) 2011年7月31日閲覧、参考情報。
  5. ^ 石川雅望「都の手ぶり」吉川弘文館(日本随筆大成 巻3)、1927年、251 - 268頁

参考文献編集

  • 粕谷宏紀「石川雅望」(『日本古典文学大辞典簡約版』岩波書店、1986年、67 - 68頁)

関連文献編集

  • 粕谷宏紀『石川雅望研究』角川書店 1985
  • 稲田篤信『江戸小説の世界 秋成と雅望』ぺりかん社 1991

関連項目編集