石田 徹(いしだ とおる、1952年11月1日 - )は、日本の元官僚日本商工会議所専務理事。元資源エネルギー庁長官、元東京電力顧問(2011年4月退任)。

略歴・人物 編集

1971年に東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)を卒業[1]1975年東京大学法学部卒業後、同年4月に通商産業省入省。同期に太田房江(前大阪府知事)、八幡和郎三本松進七帝柔道の伝説的選手。元経済産業研修所所長)、藤田昌央サハリン石油ガス社長)など。2000年4月、第1次森内閣に伴い総理大臣秘書官、2008年7月より資源エネルギー庁長官を務めた。

2015年12月、日本商工会議所と東京商工会議所の専務理事に就任[2]

東京電力への天下り 編集

脚注 編集

公職
先代
中嶋誠
  経済産業省貿易経済協力局
2005年 - 2007年
次代
安達健祐
先代
望月晴文
  資源エネルギー庁長官
2008年7月11日 - 2010年8月23日
次代
細野哲弘