メインメニューを開く

石 越(せき えつ、? - 318年)は、五胡十六国時代の漢(後の前趙)の軍人。漢の大将軍石勒に仕えてその勢力拡大に貢献したが、流矢によって不運な最期を遂げた。

生涯編集

漢の驃騎大将軍石勒に仕えていた。

316年7月、河東郡平陽郡に蝗が大発生した。それにより、民衆の半数近くが流民となった。石勒は石越に2万騎を率いて并州に屯し、流民らを招かせた。これを受けた流民は20万戸にのぼった。

318年5月、段匹磾は数千の兵を率いて、東晋楽陵郡太守邵続のもとへ向かった。石越は寒山で段匹磾を破った。段匹磾はへ敗走したが、石越は流矢に当たって死亡した。

死後、平南将軍を追贈された。

石越の死を聞き、石勒は3か月の間、音楽を遠ざけてその死を悼んだ。

参考文献編集