砕石(さいせき、英語: Crushed stone、: Bruchstein)とは、天然岩石をクラッシャー(破砕機)等で破砕した基礎資材[1][2]

砕石

骨材と砕石編集

モルタルやコンクリートの骨格に用いられる材料を骨材といい、砕砂や砕石は岩石を人工的に粉砕したものである[2]。岩石を破砕した砕砂や砕石は形状が丸みを帯びておらず天然骨材の砂や砂利とは異なる[1]

粒径による骨材の分類では、10mmふるいを全部通過し、5mmふるいを重量で85%以上通過する骨材を細骨材といい、砂や砕砂が細骨材にあたる[1][2]。また、5mmふるいを重量で85%以上とどまる骨材を粗骨材といい、砂利や砕石が粗骨材にあたる[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b c d 竹島敏正「砂利・砂開発の現状と問題点」『資源と素材』第110巻第13号、資源・素材学会、1994年、 1011-1016頁、 doi:10.2473/shigentosozai.110.1011ISSN 0916-1740NAID 130004099492
  2. ^ a b c d 基礎講座シリーズ コンクリートの基礎講座”. 一般財団法人建材試験センター. 2020年8月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集