社会主義者鎮圧法

社会主義者鎮圧法の一部

社会主義者鎮圧法(しゃかいしゅぎしゃちんあつほう)は、1878年、2度の皇帝狙撃事件をきっかけにオットー・フォン・ビスマルクが制定した法律のこと(実際は社会主義者は狙撃事件とは無関係)。

主にドイツ社会主義労働者党(後のドイツ社会民主党)をターゲットにしたもので、社会主義的な結社を禁止し、集会・出版を制限した。これによりドイツの社会主義活動は一時衰えるが、やがて再び盛り上がりを見せた。

1890年、皇帝ヴィルヘルム2世が更新反対を唱えたため、廃止された。