メインメニューを開く

神の悪フザケ』(かみのわるふざけ)は、『週刊ヤングマガジン1988年1月から1989年2月まで連載された山田花子による日本の漫画作品。

目次

概要編集

山田花子の代表作ともいえる一冊で初の連載作品。一部で熱狂的なファンを生んだ一方、読者アンケートでワースト1位を記録する。

あらすじ編集

不器用で内向的、容姿も醜い女子高生の大槻たまみ・河合桃子は、思っていることをはっきり言うことができない気弱な性格。そのため周囲から誤解されてしまうことも多い。恋も友達づきあいもアルバイトも、何もかもがもう…。

登場人物編集

大槻 たまみ(おおつき たまみ)
本作の主人公。おかっぱ頭に眼鏡をかけた過敏な女子高生。気が弱くいつも背中を丸め、何事にも思っていることをはっきり他人に言うことができず、常に周囲から軽んじられているように感じている。父、母、弟、猫とともに暮らす。山田アキラと中学時代から友人づきあいをしており、想いを寄せていたが、高校に入ってから失恋してしまう。同級生の楳図に関係を迫られて拒絶するが、彼に対して仲間意識のようなものは抱いている。
山田 アキラ(やまだ あきら)
『神の悪フザケ』第1部に登場する男子高校生。大槻たまみの中学時代からの友人だったが、高校に入ってからはたまみと距離を置くようになり、同じクラスの明るい性格の女子と付き合い始める。

単行本編集

講談社版
初版発行:1989年5月
青林堂改訂版
初版発行:1995年11月
青林工藝舎改訂版
初版発行:2000年5月

外部リンク編集