神戸学検定(こうべがくけんてい)とは、神戸商工会議所が主催するご当地検定であり、2007年より施行されていた。2016年の第10回をもって終了した[1]

試験目的編集

神戸市民や神戸で働く人が、市内に点在する遺跡や建物をはじめ身近な出来事から神戸の歴史、自然、文化、産業など、神戸の魅力を再発見・再認識し、新たな魅力を発掘する機会として実施する。

受験資格編集

制限なし(ただし、指定する試験会場で受験可能な者)

受験料編集

初級 3,150円、中級 5,250円(いずれも税込み)

出題内容編集

自然環境歴史史跡産業経済、くらし・文化観光・グルメなど、神戸に関すること全般(公式テキストの知識と、それを理解したうえでの応用力を問う)

回答方式編集

初級、中級とも択一式で100問以内(制限時間90分)

合格点編集

100点満点中70点以上

合格発表編集

採点終了後、受験者全員に成績票、模範解答、合格証(合格者のみ)が郵送される。

試験会場編集

神戸学院大学ポートアイランドキャンパス、神戸女子短期大学、神戸商工会議所など

脚注編集

  1. ^ 神戸学検定9月で終了 受検者減、10回の節目に”. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社 (2016年4月1日). 2018年4月17日閲覧。

外部リンク編集

神戸学検定オフィシャルサイト – 神戸商工会議所