メインメニューを開く

神戸商工会議所(こうべしょうこうかいぎしょ、略称:神商(しんしょう)、英称:The Kobe Chamber of Commerce and Industry、英略称:KCCI)は、主に神戸市内に事業所をおく企業・団体で運営されている商工会議所。会員数は約1万1千社。東京大阪に次いで3番目に古い商工会議所である。

神戸商工会議所
Minatojimanakamachi - panoramio (13).jpg
神戸商工会議所会館(中央の白い低層ビル)
略称 神商
前身 兵庫商法会議所
神戸区商法会議所
設立年 1878年10月14日
種類 特別民間法人
法人番号 4140005002899
地位 商工会議所法に基づく認可
本部 神戸市中央区港島中町6丁目1番地[1]
会頭 家次恒
ウェブサイト http://www.kobe-cci.or.jp/
過去名 神戸商業会議所
兵庫県商工経済会

沿革編集

歴代会頭編集

 
村野山人
代数 氏名 在任期間 出身企業
初代 神田兵右衛門 1878年〜1879年 兵庫開港商社
第2代 白洲退蔵 1879年〜1886年 志摩三商会
第3代 村野山人 1887年〜1891年 山陽鉄道
第4代 中上川彦次郎 1891年 山陽鉄道
第5代 村野山人 1891年〜1892年 山陽鉄道
第6代 山本亀太郎 1892年〜1905年 神戸製茶会社
第7代 岸本豊太郎 1905年〜1909年 岸本銀行
第8代 松方幸次郎 1909年〜1910年 川崎造船所(現・川崎重工業
第9代 瀧川辨三 1910年〜1911年 清燧社(現・兼松サステック
第10代 松方幸次郎 1911年〜1915年 川崎造船所(現・川崎重工業)
第11代 川西清兵衛 1915年 兵庫電気軌道(現・山陽電気鉄道
第12代 瀧川儀作 1915年〜1917年 東洋燐寸(現・兼松サステック)
第13代 田村新吉 1917年〜1921年 日加合同貯蓄銀行
第14代 瀧川儀作 1921年〜1925年 帝国燐寸(現・兼松サステック)
第15代 鹿島房次郎 1925年〜1931年 川崎造船所(現・川崎重工業)
第16代 岡崎忠雄 1931年〜1937年 神戸岡崎銀行(現・三井住友銀行
第17代 榎並充造 1937年〜1941年 阪東調帯護謨(現・バンドー化学
第18代 岡崎忠雄 1941年〜1943年 神戸銀行(現・三井住友銀行)
第19代 菊地吉蔵 1943年〜1948年 東和汽船(現・ケイラインローローバルクシップマネージメント
第20代 宮崎彦一郎 1948年〜1955年 丸紅飯田(現・丸紅
第21代 岡崎真一 1955年〜1964年 同和火災海上保険(現・あいおいニッセイ同和損害保険
第22代 浅田長平 1964年〜1970年 神戸製鋼所
第23代 外島健吉 1970年〜1982年 神戸製鋼所
第24代 石野信一 1982年〜1991年 太陽神戸銀行(現・三井住友銀行)
第25代 牧冬彦 1991年〜1999年 神戸製鋼所
第26代 大庭浩 1999年〜2003年 川崎重工業
第27代 水越浩士 2004年〜2010年 神戸製鋼所
第28代 大橋忠晴 2010年〜2016年 川崎重工業
第29代 家次恒 2016年〜 シスメックス

支部編集

支部名 住所 担当
経営支援センター 中央区東川崎町1-8-4 神戸市産業振興センター6階 市内全域、創業・経営革新・事業継承の相談
東神戸支部 灘区友田町3-6-15 KHK灘ビル3階 東灘区・灘区
中央支部 中央区東川崎町1-8-4 神戸市産業振興センター1階 中央区・兵庫区・北区
西神戸支部 長田区久保町6-1-1-302-2 アスタくにづか4番館東棟3階 長田区・須磨区・西区・垂水区

部会編集

会員は業種に応じていずれかの部会に所属する。

  • 小売商業
  • 卸売商業
  • ファッション
  • 化学
  • 機械金属
  • 食品
  • 貿易
  • 理財
  • 建設
  • 海運港湾
  • 集客交通観光
  • 情報産業
  • サービス文化

脚注編集

  1. ^ 神戸商工会議所の情報”. 国税庁. 2018年4月16日閲覧。
  2. ^ 新修神戸市史編集委員会編『新修神戸市史 産業経済編Ⅳ 総論』神戸市、2014年3月 50頁
  3. ^ 新修神戸市史編集委員会編『新修神戸市史 産業経済編Ⅳ 総論』神戸市、2014年3月 51頁

参考文献編集

  • 神戸商工会議所編『扇港財界の歩み:神戸商工会議所六十年史』神戸商工会議所、1953年3月
  • 新修神戸市史編集委員会編『新修神戸市史 産業経済編Ⅳ 総論』神戸市、2014年3月

関連項目編集

外部リンク編集