神聖な舞曲と世俗的な舞曲

神聖な舞曲と世俗的な舞曲』(しんせいなぶきょくとせぞくてきなぶきょく、Danse sacrée et Danse profane )は、クロード・ドビュッシー1904年に作曲した、ハープ独奏と弦楽合奏のための作品。

作曲の経緯編集

この作品は、プレイエル社が開発した半音階ハープ(クロマティック・ハープ)のために作曲された。従来のハープが全音階に調律され、半音階にペダル操作を必要としたのに対し、半音階ハープは弦の数を増やして半音階の演奏を容易にしようとしていた。結局この楽器は普及に至らず、エラール社の開発したダブル・アクション方式のペダル・ハープが、改良を重ねて今日用いられるハープになっている。

しかし発明当時、この半音階ハープは注目を集め、1900年にはブリュッセル王立音楽院でこの楽器の講座が開かれた。プレイエル社はこの楽器の普及のため、1904年に音楽院でのコンクールのための楽曲をドビュッシーに依頼した。それを受けてドビュッシーは、同年4月から5月にかけてこの作品を作曲した。ただし、ドビュッシー自身は半音階ハープを特に気に入ったわけでなく、むしろペダル・ハープの方が優れていると考えていたようである。今日ではこの作品もペダル・ハープで演奏される。

なお、エラール社は対抗してラヴェルにペダル・ハープの優位を示すための作品を依頼し、『序奏とアレグロ』が生まれた。

初演は1904年11月6日、ヴュルムゼ=デルクール夫人のハープ独奏、エドゥアール・コロンヌ指揮のコンセール・コロンヌによって行われた。

楽曲構成編集

緩・急2曲からなるが、続けて演奏される。全曲で約9分。

  • 神聖な舞曲(Danse sacrée ) トレ・モデレ(Très modéré) ニ短調 2分の3拍子
  • 世俗的な舞曲(Danse profane ) モデレ(Modéré) ニ長調 4分の3拍子

参考文献編集

外部リンク編集