神道宗教学会(神道宗教學會、しんとうしゅうきょうがっかい、英語: The Society Of Shinto Studies[1][2])は、日本学術研究団体の一つ。

概要編集

1947年11月1日設立[1]。学術研究団体としての種別は単独学会[1]

神道の真髄を学的に探求し、学術の進運と世界平和に寄与することを根本精神とすることで、神道が近代宗教として発展して行くための道を明らかにするため、石川岩吉を代表として安津素彦岩橋小弥太大場磐雄折口信夫柳田國男ら神道学、民俗学国文学の学者が中心となって創設された[1]

また連合体として日本宗教学会東洋学・アジア研究連絡協議会を含む[1]

沿革編集

  • 1947年 - 神道宗教学会設立。

刊行物編集

神道宗教編集

  • 誌名(和文):神道宗教
  • 誌名(欧文):Journal of Shinto Studies
  • 創刊年:1948
  • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)
  • 使用言語:日本語のみ
  • 発行形態:印刷体
  • 著作権帰属先:学会
  • クリエイティブコモンズ:定めていない
  • 購読:有料

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 機関詳細 - 神道宗教學會”. 学会名鑑. 2021年6月18日閲覧。
  2. ^ 学会HP”. 神道宗教學會. 2021年6月18日閲覧。

参考文献編集

  • 日本学術協力財団 編 『学会名鑑 2007-2009年版』日本学術協力財団、2007年。ISBN 4939091074 

外部リンク編集