メインメニューを開く

福井 重雅(ふくい しげまさ、1935年12月11日 - )は、日本の東洋史学者、早稲田大学名誉教授。

目次

人物・略歴編集

東京市(現東京都新宿区)生まれ。父は福井康順、兄は福井文雅。義理の姪に毬谷友子えまおゆうがいる(妻が毬谷の母やえまおの母の妹)[1]

1954年、早稲田大学第一文学部史学科東洋史専修入学、同大学院文学研究科博士課程満期退学。その後、同大学文学部講師、助教授、教授を務める。

1988年、「漢代官吏登用制度の研究」で文学博士[2]

2006年定年退任、名誉教授に就任。

2015年、瑞宝中綬章を受章[1]

著書編集

  • 『古代中国の反乱』教育社歴史新書 東洋史 1982年
  • 『基礎からよくわかる世界史』旺文社 1983年
  • 『漢代官吏登用制度の研究』創文社 東洋学叢書 1988年
  • 『基礎からよくわかる世界史B』旺文社 1994年
  • 陸賈『新語』の研究』汲古書院 汲古選書 2002年
  • 『漢代儒教の史的研究 儒教の官學化をめぐる定説の再檢討』汲古書院 汲古叢書 2005年

翻訳編集

  • ウィンーチット=チャン『近代中国における宗教の足跡』金花舎 叢書/仏教文化の世界 1974年
  • アーサー・F・ライト編著『中国の思考様式』編訳 金花舎 叢書/仏教文化の世界 1978年
  • アン=バンクロフト『世界の宗教シリーズ 6 仏教の世界』帝国書院ジュニア地理 1988年
  • 編訳注『西京雑記』東方書店 2000年

編著・記念論文集編集

  • 『中国古代の歴史家たち 司馬遷班固范曄陳寿の列伝訳注』 早稲田大学出版部 2006年
  • 『古代東アジアの社會と文化 福井重雅先生古稀・退職記念論集』汲古書院 2007年

論文編集

編集

  1. ^ a b えまおゆう、叔父の瑞宝中綬章受章を祝福「心から嬉しい」”. スポーツ報知 (2015年12月7日). 2015年12月8日閲覧。
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年、『漢代儒教の史的研究』著者紹介