メインメニューを開く

福亮(ふくりゅう)とは、飛鳥時代日本で活動した中国)出身の仏教僧侶。日本の三論宗の祖の一人である智蔵の父。俗姓は熊凝(くまごり)。

飛鳥時代に呉から息子・智蔵と共に来日。元興寺恵灌に三論を学ぶ。大化元年(645年)に仏教興隆の詔が出された際には、十師に任じられた。

斉明天皇4年(658年)に、藤原鎌足に招かれ山階寺で『維摩経』を講じた。これは後の興福寺維摩会の起源となった[1]

脚注・出典編集

関連項目編集