福島 正晴(ふくしま まさはる)は、江戸時代前期の大和国宇陀松山藩の世嗣。通称は岩松、修理。後に福島高経(ふくしま たかつね)と名乗った。

 
福島正晴
時代 江戸時代前期
生誕 不明
死没 寛永17年5月8日1640年6月27日
改名 正晴、高経
別名 岩松、修理(通称)
戒名 傑岩道英
大和宇陀松山藩世嗣
氏族 福島氏
父母 福島高晴村井貞勝
兄弟 正晴高広、玄興院、五条為適正室、
仏照寺某室、藤堂雅久室、助六
村井氏
忠政
テンプレートを表示

生涯編集

福島高晴の長男として誕生。母は村井貞勝の娘。室は村井氏。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、父・高晴は戦功を賞されて大和宇陀松山30,000石に加増移封された。正晴は本来その後を継ぐはずだったが、慶長20年(1615年)に父が大坂夏の陣において豊臣秀頼に内通(密かに兵糧を大坂城に入れていた説あり)していた嫌疑をかけられて改易され、父に連座して伊勢国山田に移り住んだ。

寛永17年(1640年)、同地において寺田将監という人物と争いを起こし、弟・高広と共に寺田を殺害した。その後、弟と共に切腹した。法名は傑岩道英。

長男・忠政は後に500石を与えられ、旗本として名跡存続を許されたが、4代後の福島正胤が罪を得て家名は断絶した。