メインメニューを開く

概要編集

栗駒国定公園内にある二等三角点(点名「小鏑」)の山である。 「小鏑山(こかぶらやま)」とも呼ばれ、鬼首カルデラ外輪山の最高峰であり主に花崗閃緑岩で成り立っている。なお、その急峻な山容から「リトル谷川岳」という愛称で親しまれている。すぐ近くの神室山と区別するため「はげかむろ」と呼ばれる事もある。

 
山頂から俯瞰する鬼首カルデラと陸前平野

近隣の山編集

参考文献編集

  • 『山渓カラー名鑑 日本の山1000』山と渓谷社、1992年

関連項目編集

外部リンク編集