私立ガードマン/全員無責任

私立ガードマン/全員無責任』(しりつガードマン/ぜんいんむせきにん、原題:Armed and Dangerous)は、1986年制作のアメリカ合衆国コメディ映画マーク・L・レスター監督、ジョン・キャンディ主演。

私立ガードマン/全員無責任
Armed and Dangerous
監督 マーク・L・レスター
脚本 ハロルド・ライミス
ピーター・トロクヴェイ
原案 ブライアン・グレイザー
ハロルド・ライミス
ジェームズ・キーチ
製作 マーク・L・レスター
出演者 ジョン・キャンディ
ユージン・レヴィ
メグ・ライアン
音楽 ビル・マイヤーズ
撮影 フレッド・シュラー
編集 ダニエル・P・ハンリー
マイク・ヒル
製作会社 コロンビア映画
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 コロンビア映画=トライスター・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年8月15日
日本の旗 1988年11月12日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,000,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $15,945,534[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

ロサンゼルス市警察の警察官フランクはある日、同僚から身に覚えのない罪を着せられ、クビになってしまう。警備会社に転職したフランクはそこで元弁護士だったノーマンと出会い、コンビを組むことに。

だが、気は優しいがドジなフランクと気の弱いノーマンのコンビは警備を担当するたびに、強盗に襲われる。不審に思った2人は警備会社のオーナーの娘マギーの協力を得て捜査を進め、一連の事件の裏に組合のボス・カリーノが絡んでいることをつきとめる。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集