メインメニューを開く

秋元 逵朝(あきもと みちとも、元文4年(1739年) - 宝暦9年11月8日1759年12月26日))は、武蔵川越藩の嫡子。川越藩第3代藩主・秋元喬求の次男。官位は従五位下、越中守。

元文4年(1739年)生まれる。父が死去した時は幼少だったため、家督は分家から養子に入った秋元凉朝が継ぎ、逵朝はその養子となった。宝暦5年(1755年)、徳川家重に初御目見し叙任するが、家督を継ぐことなく宝暦9年(1759年)に没した。代わって、凉朝の甥にあたる永朝が嫡子となった。