秋山 聰(あきやま あきら、1962年11月 - )は、日本の西洋美術史学者、東京大学人文社会系研究科教授。アルブレヒト・デューラーが専門。

経歴編集

長崎県出身。1986年東京大学文学部美術史卒業、同大学院博士課程中退、フライブルク大学で博士号取得、電気通信大学助教授、東京学芸大学助教授、2002年『デューラーと名声』で地中海学会ヘレンド賞受賞、2007年東京大学准教授。09年『聖遺物崇敬の心性史』でサントリー学芸賞受賞。11年教授。

著書編集

脚注編集

外部リンク編集