メインメニューを開く

秋山 靖浩(あきやま やすひろ、1972年 - )は、日本法学者早稲田大学大学院法務研究科教授。専門は民法学位修士(法学)(早稲田大学、1997年)。

目次

経歴編集

東京都昭島市出身。1991年に早稲田大学高等学院を卒業、早稲田大学法学部に進み内田勝一に学んだ。1995年に卒業後、同大学大学院法学研究科修士課程に進み、1997年に修了。2000年、同研究科後期博士課程単位取得満期退学。

2000年に早稲田大学法学部専任講師となり、2003年に同助教授、2005年に早稲田大学大学院法務研究科助教授、2007年に同准教授を経て、2009年より教授。またこの間の2003年から2005年はドイツミュンスター大学法学部の客員研究員であった。早稲田大学では、大学院法務研究科教務主任(学生担当)、法務教育研究センター副所長を務める。

研究テーマ編集

  • ドイツ都市法制の研究
  • 囲繞地通行権と建築法規との関係
  • 都市空間の制御における地役権の意義
  • 私法による都市計画の今日的意義に関する研究

著書編集

  • 『LEGAL QUEST 民法II物権』共著(有斐閣、2010年)
  • 『不動産法入門』(日本評論社、2011年)
  • 『3・11大震災:暮らしの再生と法律家の仕事』共著(日本評論社、2012年)

所属学会編集

  • 日本私法学会

外部リンク編集