メインメニューを開く

科学的発展観(かがくてきはってんかん、: 科学发展观)とは、中華人民共和国における中国共産党の指導原理の一つである。

2003年7月28日胡錦濤党総書記が初めて発表した[1]2007年10月の中国共産党第十七回全国代表大会で党の「主要方針」として党規約に明記されることが決定された[2]。更に2012年11月の第18回中国共産党大会で、党の「行動指針」へ格上げされて従来のマルクス・レーニン主義毛沢東思想鄧小平理論三つの代表の4理念と並ぶ方針が表明された[3]

概要編集

科学的発展観は、中国の現代化を導く理念で、「人を基本」とし、経済・社会・政治・文化など「全面的」で、それらが協調した「持続可能な発展」観、とされている[4][5]

党理論が導入された背景には、当時のSARSへの危機感、経済成長に伴う環境問題・資源問題や格差拡大などが挙げられている[6]

参照編集

関連項目編集

外部リンク編集