稚狭王(わかさのおおきみ[1]、生年不明 - 天武天皇7年(678年)9月)は、日本の飛鳥時代皇族敏達天皇皇子の難波皇子の子とする系図がある。672年壬申の乱のとき倭京にいて、大伴吹負の指揮権奪取に遭い、大海人皇子(天武天皇)に従った。三位

経歴編集

天武天皇元年(672年)6月に大海人皇子が挙兵すると、大友皇子(弘文天皇)は倭京(飛鳥の古い都)の留守司高坂王に軍を編成させた。このとき稚狭王も倭京にあってその仕事に携わっていたらしい。しかし、大海人皇子にくみした大伴吹負は、少数で乗り込んで敵軍の指揮権を奪取する計略を立てた。内応を得て軍を従わせた吹負は、穂積百足を殺し、穂積五百枝物部日向を捕らえた。五百枝と日向は後に赦されて吹負の軍に加わった。高坂王と稚狭王も軍に従った[2]

天武天皇7年(678年)9月に三位で亡くなった[3]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 旧仮名遣いでの読みは「わかさのおほきみ」
  2. ^ 『日本書紀』天武天皇元年6月29日条
  3. ^ 『日本書紀』天武天皇7年9月条
  4. ^ a b 鈴木真年『百家系図』巻59 路真人

参考文献編集