メインメニューを開く

稲生 正令(いのう まさよし[1]享保20年(1735年)- 享和3年(1803年))は、江戸時代中期の武将備後国三次の住人、のち安芸国広島藩藩士。通称は武太夫、のちに忠左衛門と改める。幼名は平太郎。寛延2年(1749年)の体験に基づくという『三次実録物語』を著す。

目次

生涯編集

享保20年(1735年)、備後国三次郡の住人、稲生武左衛門の長男として誕生。

数え年12歳の時、弟勝弥(かつや)が誕生してからまもなくして、両親を失う。武左衛門には40過ぎまで子がなく、一族の中山源七の次男、新八を養子としていたため、家督は義兄が継いだ。しかし、4、5年後に新八は病にかかり、実家へ戻ってしまった。そのため、16歳の平太郎が弟を養育し、権平という家臣を一人かかえることになった[2]

のちに、平太郎は元服して武太夫と改名し、御歩行組(おかちぐみ)として12石4人扶持の藩士になった。その後、浅野氏広島藩の支藩であった三次藩は、享保5年(1720年)に藩主夭折のため廃藩となっており、宝暦8年(1758年)旧三次藩士は広島へ移転し、武太夫も浅野本家に仕え、御広式御錠口(ごじょうぐち)を勤めた。

武太夫は忠左衛門とさらに名を改め、齡70近くにして気力も充実していたというが[3]、享和3年(1803年)に満68歳でなくなった。

1月7日には、広島市東区の國前寺では彼を祭る「稲生祭」が開かれている。また、三次市三次町の屋敷跡には、稲生武太夫の碑が建てられている。

國前寺本堂裏手の一画の、墓碑群の中の五輪塔の一つが、武太夫の墓である。

稲生物怪録編集

稲生平太郎16歳の時、寛延2年(1749年)の5月末の夕方、隣家の三ッ井権八とともに、比熊山で肝試しの百物語をしたことがきっかけで、7月1日から30日間のうちに、彼らの身の回りで怪異現象が続出した。このときの彼の体験は、『三次実録物語』という書として記され、原本は広島市在住の稲生武太夫の子孫に伝えられてきている。妖怪の親玉、山本太郎左衛門から貰った木槌は國前寺に納められ、現存している。

また、柏正甫(かつら せいほ)という武太夫の同役の武士が、夜を徹して本人から詳しい話を聞き出して、天明3年(1783年)、『稲生物怪録』として書き留めた。これを国学者、平田篤胤寛政11年(1799年)に筆写して秘蔵し、文化8年(1811年)に門下生に校訂させた。篤胤の校訂本が元になって、読物や絵巻となり、明治時代以降、泉鏡花巌谷小波の小説、折口信夫の俄狂言の題材となった。また、稲垣足穂によって、現代語訳されたりもした。

稲生武太夫を祭っている稲生神社(広島市南区)には、荒俣宏京極夏彦水木しげるも作品取材のために足を運んでいる。

脚注編集

  1. ^ 『三百藩家臣人名事典』第6巻、新人物往来社、1989年
  2. ^ 『稲生物怪録』巻の上「稲生平太郎出生の事 并三津井権八が事」より
  3. ^ 『稲生物怪録絵巻詞書』(堀田家本)より

参考文献編集

外部リンク編集

関連項目編集