メインメニューを開く

稲葉秀三

稲葉秀三

稲葉 秀三(いなば ひでぞう、1907年4月9日 - 1996年4月17日[1])は、日本の官僚実業家

目次

経歴編集

京都市生まれ。1931年京都帝国大学文学部哲学科卒。1934年東京帝国大学経済学部卒。1937年企画院に入り、物資動員計画を策定。企画院事件に連座し、治安維持法違反容疑で投獄。戦後1945年国民経済研究協会を設立し、理事長。1962年サンケイ新聞論説主幹。日本工業新聞社長。65年サンケイ新聞社長。産業研究所理事長、国策研究会会長。戦後経済安定本部の三羽ガラスと言われた[2]

著書編集

  • 『賃金はいかにきめられているか その基礎資料と解説』時事通信社 1948
  • 『日本経済の現実 1950』時事通信社 1950
  • 『世界経済行脚 外から見た日本』時事通信社 1953
  • 『アメリカのマーケッティング』時事通信社 時事新書 1957
  • 『世界経済と日本』宝文館 1957
  • 『日本経済の曲り角』白凰社 1961
  • 『激動30年の日本経済 私の経済体験記』実業之日本社 1965
  • 『経営対談』日本工業新聞社 1966
  • 『警告!政治後進国日本』コンピュータ・エージ社 (発売)1983

共著編集

  • 『日本経済の将来 経済復興計画の全貌と批判』編 広田豪佐等著 中央労働学園 1948
  • 『新らしい景気予測 経済統計の見方・使い方』向坂正男共編著 日本評論新社 1957
  • 『現代日本経済論 有沢広巳先生還暦記念』相原茂共編 至誠堂 1958
  • 『エネルギー政策の新展開 欧州の実態と日本の問題点』土屋清共編 ダイヤモンド社 1961
  • 『日本の産業と雇用問題』真島毅夫共著 日本労働協会 JIL文庫 1961
  • 『成功のコツ』編著 日本工業新聞社 1963
  • 『アイデアに生きる』編 日本工業新聞社出版部 1964
  • 『産業再編成と企業経営』矢野誠也共編 ダイヤモンド社 1967
  • 『資本自由化と独占禁止法』坂根哲夫共編 至誠堂 1967
  • 日米繊維交渉 "経済戦争"の展開とその教訓』生田豊朗共著 金融財政事情研究会 1970
  • 『西欧の選択 革新への2大潮流』編 日本生産性本部 1976
  • 『日本からみたソ連経済改革への提言』堤清二共編 日本経済新聞社 1991

翻訳編集

  • ドナルド・F.ブランカーツ,ロバート・ファーバー,ヒュージ・G.ウェールス『マーケッティング・リサーチ 事例と問題』日本経済新聞社 1957
  • ウイリアム・シュルツ『マーケティング読本』時事通信社 時事新書 1958
  • ナサニエル・キャンター『経営者読本』松木勇共訳 時事通信社 時事新書 1959
  • エドワード・C.バースク『経営能率の向上』松木勇共訳 時事通信社 時事新書 1959
  • ウィルフレッド・オーエン『現代の都市交通 問題点とその対策』小泉信一共訳 丸善 1960
  • W.バッキンガム『第三の技術革新 現代を変えるオートメ化の再評価』監訳 ダイヤモンド社 1964

編集

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年