メインメニューを開く

稲見 敏夫(いなみ としお)は、日本入国審査官法務官僚法務省大臣官房審議官や、法務省入国管理局長などを務めた。

来歴・人物編集

東北大学法学部卒業。法務省入国管理局政策課補佐、法務省入国管理局総務課長、法務省大臣官房審議官(入国管理局担当)等を経て、2006年から法務省入国管理局長を務め[1][2]技能実習制度を悪用した違法労働の調査や、制度の見直しを進めるなどした[3][4]

脚注編集