西川 克行(にしかわ かつゆき、1954年2月20日 - )は、日本の元検察官弁護士法務事務次官東京高等検察庁検事長検事総長等を歴任。北海道出身。

経歴編集

北海道岩見沢市生まれ。北海道札幌南高等学校を経て、東京大学法学部第1類(私法コース)卒業[1][2]1979年に検事任官[2]。任官後約15年間は第一線で活躍。特捜部での経験はないものの、法務省刑事局長、法務事務次官、札幌高検検事長、東京高検検事長などを歴任[2]2016年9月5日に検事総長に就任[2]。検事総長就任にあたって「検察の使命は時代が変わっても変わるものではない。国民の検察への負託を深く自覚し、責務を果たしていきたい」と述べた[2]。 2018年7月25日、検事総長を退任。

趣味登山[2]

略歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『東大人名録,第1部』1986年発行、39ページ
  2. ^ a b c d e f 検察改革「責務果たす」 西川新検事総長が抱負 産経新聞 2016年9月5日
  3. ^ 国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の報告(平成30年7月1日~同年9月30日分内閣官房内閣人事 局
  4. ^ 大和証券グループ 役員人事について 株式会社大和証券グループ本社
先代:
稲見敏夫
法務省入国管理局長
2008年 - 2009年
次代:
田内正宏
先代:
大野恒太郎
法務省刑事局長
2009年 - 2011年
次代:
稲田伸夫
先代:
大野恒太郎
法務事務次官
2011年 - 2014年
次代:
稲田伸夫
先代:
河村博
札幌高等検察庁検事長
2014年 - 2015年
次代:
三浦守
先代:
渡辺恵一
東京高等検察庁検事長
2015年 - 2016年
次代:
田内正宏