突盔形兜

室町時代末期頃に発生した頂部が尖った兜

突盔形兜(とっぱいなりかぶと)とは、室町時代末期頃に発生した頂部が尖った筋兜を簡略するかたちで変化したもの[1]

椎実形、柿実形、錐形、筆頭形等の鉢頂部が尖った形の兜を総称して突盔形ともいう。

外部リンク編集

突盔・突貝』 - コトバンク

脚注/出典編集

  1. ^ http://museum.city.fukuoka.jp/archives/leaflet/399/399.pdf