メインメニューを開く

窪田 啓作(くぼた けいさく、1920年7月25日 - 2011年)は、日本フランス文学者詩人銀行員。本名・開造。窪田般彌の兄。カミュ異邦人』の翻訳で知られる。

神奈川県生まれ。1943年、東京帝国大学法学部卒業。在学中にマチネ・ポエティクに参加し詩や小説を書いた。

大学卒業後、東京銀行に入行。パリ、新橋各支店次長、国際投資部副参事役を経て、1948年欧州東京銀行頭取となる。

著書編集

  • 掌 短編集 (河出書房 1948)(方舟叢書)

翻訳編集

  • サルトル全集 第5巻 エロストラート (人文書院 1950)
  • 異邦人 / アルベエル・カミユ (新潮社 1951) のち文庫 
  • 幻を追ふ人 / ジュリアン・グリーン 福永武彦共訳 (創元社 1951)
  • 結婚 アルベエル・カミユ (新潮社 1952)
  • セシル / バンジャマン・コンスタン (新潮社 1953)
  • 夏 / アルベエル・カミユ (新潮社 1955) (一時間文庫)
  • グレアム・グリーン 人と作品 / ヴィクトル・ド・パンジュ 窪田般弥共訳 (河出新書 1956)
  • アルベエル・カミュ / ロベエル・ド・リュペ (新潮文庫 1957)
  • カミュ著作集 第3 裏と表・追放 (新潮社 1958)
  • カミュ著作集 第5 結婚・シジフォスの神話 矢内原伊作共訳 (新潮社 1958)
  • 転落・追放と王国 / カミュ 佐藤朔共訳 (新潮文庫 1968)

出典編集

  • 日外アソシエーツ人物情報(2003年)