メインメニューを開く

立浪(たつなみ)は日本相撲協会年寄名跡のひとつ。明治維新以降創設と比較的新しい名跡ではあるものの、それまで四股名として名乗るものが多かった「立浪」をなぜ初代がいきなり名乗ったかなど、創設に関するその由来は定かではない[1]

立浪の代々編集

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 鬼ヶ崎綱之助 前2 湊川部屋 1876年1月-1878年7月(死去)
2代 四ツヶ濱万吉 十19 振分部屋 1879年6月-1882年? 二枚鑑札、8代振分に名跡変更
3代 和田ノ森繁蔵 十5 大嶽部屋 1882年?-1910年8月(死去) 二枚鑑札
4代 緑嶌友之助 小結 草風(京都)-春日山部屋 1915年6月-1952年12月(死去)
5代 羽黒山政司 横綱 立浪部屋 1952年12月-1969年10月(死去) 二枚鑑札
6代 羽黒山礎丞 関脇 立浪部屋 1969年11月-1999年2月(停年(定年)退職)
7代 旭豊勝照 小結 大島部屋 1999年2月-

脚注編集

  1. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p8

関連項目編集