メインメニューを開く

年寄名跡

年寄名跡(としよりめいせき、みょうせき)とは、日本相撲協会(以下、「協会」)の「年寄名跡目録」に記載された年寄の名を襲名する権利であり、俗に年寄株、親方株とも呼ばれる。

目次

概要編集

力士が引退後も協会に残って運営に携わるには、年寄名跡を取得する必要がある。名跡の名称には江戸時代の力士名などが被せられており、名跡を取得している年寄はその名で活動する。

名跡の数は当初は15名前後だったようだが、相撲興行が軌道に乗るにつれて名跡が増えてゆく。天明から寛政年間にかけては36名に増え、天保から弘化年間にかけて54名に増えた。明治38年には88名、昭和2年に東京と大阪の相撲協会が合併した時に大阪の頭取17名を加えて105名に増員された。

年寄名跡所有者は常に日本相撲協会から比較的高額かつ安定した収入を得ることができ、刑事事件を起こすなどのよほどのことがない限り「失業」の心配もない上に、年寄は現役関取よりも立場が上である[1]。選手寿命が短い(30歳代で引退)相撲界においては、年金的な要素も持っている。

年寄襲名条件は基本的に現役時代の実績が必要な傾向にあるが、昭和の中頃までは養子縁組や職務能力等の要素を有していれば実績・最高位が他の力士より劣っていても年寄襲名の際に有利に立てる傾向にあった。例として、1961年1月1日付で年寄65歳停年制が施行されて以降昭和の内に停年を迎えた年寄43人の内25人が三役以上未経験者であり、その内最高位・平幕2ケタ台が6人、最高位・十両が4人であった。ところがそれ以降は現役時代の実績を重視する傾向が顕在化した。平成に入って初めて年寄として停年退職した大田山(元前頭20枚目、停年時点で年寄・錦戸)から停年制導入以降104番目に年寄として停年退職(退職後に再雇用された者を含む)となる玉ノ富士にいたる61人の中で最高位が平幕以下の年寄は21人であり、停年退職を迎えた年寄の比率として三役以上の経験者が増えた[2]。特に1998年に名跡取得要件の変更により、三役未経験の力士の要件到達が格段と難しくなった。

名跡は勝手に創設することはできないため、年寄となるためにはすでにある名跡の中から1枠を確保する必要がある。名跡の譲渡の有無は当事者間の交渉に委ねられているため、名跡の所有者と襲名の希望者との間で閉鎖的な市場が形成されており、名跡の所有権や襲名権が金銭で売買される慣行が生まれた。協会が財団法人になって以降もこのような慣行が続いていたため問題視されるようになり、協会側も名跡を執行部で一括して管理するべく対策を行っているが、慣習を一掃するには至っていない。1998年には貸株の実態の公開と今後の貸株の禁止を打ち出したが、数年で有名無実化し、なし崩し的に貸株が再解禁となり、改革の一環として創設された準年寄も廃止された。また、2014年の公益財団法人移行に合わせて、名跡は協会管理とされ、全年寄が協会に名跡証書を提出し、借株および金銭授受は禁止された。しかし、その後も借株の年寄は存在する。

年寄名跡は一門内でやり取りするのが常識的な方法であり、一門外へ株を売却することは理事選での票数の減少を意味するため好ましくなく、一門制度を軽んじる行為として取得する側も批判される。過去には阿武松押尾川から、光法賢一宮城野から、両者とも門外の株を襲名したという理由で、前者は押尾川部屋から、後者は立浪一門から破門された。『相撲』2013年11月号は、1961年1月1日より施行された年寄の65歳停年退職制度の影響で後継者探しに苦労する親方衆が増えた結果として一門外まで奔走して後継者を求めるようになり、このことから停年制が名跡が所属していた一門外へ流出する原因となったと解釈すべきであるという内容の主張をしており、近年になって一門制度の実質が弱まっている点との関連が指摘される。

また、年寄名跡を一人で複数所有することは禁止されている。そのため、借株の貸主は必然的に、現役力士と退職した元年寄になる。

襲名条件編集

日本国籍を有することと、現役時の成績が要件として求められる。現行の規定では、部屋の継承などについて複数の基準が設けられている。

現行の条件編集

  1. 相撲部屋を新設して師匠になるための条件。以下の条件のいずれかを満たすことが必要(2006年9月28日より適用)。
    1. 横綱もしくは大関経験者
    2. 三役関脇小結)通算25場所以上
    3. 幕内通算60場所以上(番付制限なし)
  2. 一般的な襲名の条件。新規部屋の師匠としての独立は認められない。以下の条件のいずれかを満たすことが必要(1998年5月1日より適用。後に変則的な特例を採用)。
    1. 最高位が小結以上[3]
    2. 幕内在位通算20場所以上[3]
    3. 十両以上(関取)在位を通算30場所以上[3]
    2013年12月20日に「関取在位通算28場所以上なら、名跡の前保有者と師匠、保証人の親方の願書があれば、理事会でその是非を決定する」という規定を同年11月17日の理事会で追加していたことが相撲協会から発表され、関取在位期間については事実上2場所短縮された[4]。この規定により名跡を襲名したのは2012年12月の11代君ヶ濱寶智山幸観)である。
  3. 既存の相撲部屋継承者として承認された場合には、次のいずれかの条件に緩和される。
    1. 幕内在位通算12場所以上
    2. 十両以上(関取)在位を通算20場所以上、番付制限なし
    この条件で名跡を取得した者は、2017年9月時点で11代宮城野金親和憲)と21代春日山濱錦竜郎)の2名である。なお、この資格者が後に師匠の座から退いても、引き続き相撲協会に年寄として残ることは可能である。

襲名権を持つ現役力士編集

  • 2018年9月場所番付発表時点
  • 太字が襲名条件を満たしている資格
四股名 資格 所有名跡 備考
横綱
大関
関脇
小結
三役
在位
幕内
在位
関取
在位
新規部屋創設資格者
白鵬翔 横綱 - モンゴル国籍
鶴竜力三郎 横綱 モンゴル国籍
稀勢の里寛 横綱 荒磯
豪栄道豪太郎 大関 -
高安晃 大関 -
栃ノ心剛史 大関 ジョージア国籍
琴奨菊和弘 最高位
大関
秀ノ山
照ノ富士春雄 最高位
大関
モンゴル国籍
栃煌山雄一郎 - 最高位
関脇
25 - - 清見潟
安美錦竜児 15 97 安治川
豪風旭 3 86 押尾川
嘉風雅継 8 74 中村
豊ノ島大樹 13 68 -
一般的な襲名権者
妙義龍泰成 - 最高位
関脇
12 39 - -
碧山亘右 4 42 ブルガリア国籍
逸ノ城駿 7 25 モンゴル国籍
隠岐の海歩 4 50 君ヶ濱
琴勇輝一巖 2 26 -
勢翔太 3 38 春日山
魁聖一郎 3 43 -
宝富士大輔 3 41 -
玉鷲一朗 10 55 モンゴル国籍
正代直也 2 17 -
御嶽海久司 11 18 -
臥牙丸勝 最高位
小結
1 36 ジョージア国籍
松鳳山裕也 5 39 -
千代鳳祐樹 1 19 佐ノ山
常幸龍貴之 1 15 -
千代大龍秀政 2 34 -
阿武咲奎也 2 8 -
貴景勝光信 2 11 -
遠藤聖大 1 30 北陣
豊響隆太 - - 52 -
蒼国来栄吉 25 中国籍
徳勝龍誠 23 -
佐田の海貴士 23 -
千代の国憲輝 22 -
荒鷲毅 21 モンゴル国籍
旭秀鵬滉規 20 モンゴル国籍
貴ノ岩義司 20 モンゴル国籍
里山浩作 6 47 -
誉富士歓之 10 38 -
富士東和佳 17 35 -
旭日松広太 4 34 -
青狼武士 3 32 モンゴル国籍
千代ノ皇王代仁 2 32 -
千代丸一樹 16 31 -
東龍強 4 31 モンゴル国籍
保証書を伴う有資格者
天鎧鵬貴由輝 - - - 7 29
磋牙司洋之 6 28
明瀬山光彦 1 28
既存部屋の継承資格者
大栄翔勇人 - - - 16 26
大翔丸翔伍 16 20
輝大士 15 24
舛乃山大晴 13 25
錦木徹也 14 21
千代翔馬富士雄 13 17 モンゴル国籍
北勝富士大輝 12 14
徳真鵬元久 - 27
北はり磨聖也 1 25
英乃海拓也 6 24
石浦将勝 11 22
鏡桜南二 7 21 モンゴル国籍
芳東洋 3 21
旭大星託也 3 20

襲名手続編集

従来は力士の引退に際して理事会が開かれ直接年寄襲名の承認を得ていたが、2014年1月30日をもって日本相撲協会が公益法人に正式移行した以降は新設された年寄資格審査委員会で過半数の承認を経て、理事会で最終承認を得るという形式をとるようになった。この手続き形式で年寄襲名を果たした初の例が琴欧洲(大関3年)である。[5]

過去の条件編集

明確に制度化される以前

1900年代初頭までは関取未経験者が年寄を襲名するケースも少数ながら存在した。これらが認められなくなった時代に入っても「師匠の実子または養子に限って関取1場所経験」という実子・養子力士に関する例外規定が運用され続けたが、この「実子・養子規定」については慣習的な拘束力に依存しているため、施行・廃止の時期に関して不明瞭な点がある。現在でも有効であるという説も存在している。

明確に制度化されて以降
  • 1929年(昭和4年)5月 幕内1場所以上又は十両(以上)出場176日(本場所11日、年4場所)
  • 1936年(昭和11年)5月 幕内1場所以上又は十両(以上)出場110日(本場所11日、年2場所)
  • 1939年(昭和14年)5月 幕内1場所以上又は十両(以上)8場所全勤(本場所15日、年2場所)
  • 1950年(昭和25年)10月 幕内1場所以上又は十両(以上)8場所連続全勤(本場所15日、年3場所)
  • 1957年(昭和32年)12月 幕内1場所全勤以上、十両(以上)連続20場所在位、十両(以上)通算25場所在位のいずれか(本場所15日、年6場所)

参与編集

2014年11月、これまで年寄は65歳で停年退職となっていたが、希望する年寄に限り参与として再雇用をする新規定ができた。これにより年寄は最大70歳まで相撲協会に残れるようになった。

再雇用により参与となった年寄は、年寄名跡を名乗ったまま正規雇用年寄の給与と比べて70%の給与を得ることができるが、相撲部屋の師匠や相撲協会の役員となることはできない。

再雇用を希望して参与となった年寄
年寄名 現役時代の四股名 再雇用
年月日
再雇用終了
年月日
備考
楯山大造 元関脇・玉ノ富士 2014年12月6日 2019年11月23日 再雇用第1号年寄
2014年11月23日で停年となったが、再雇用規定ができたことにより12月6日付で参与となった。
常盤山靖仁 元関脇・舛田山 2016年4月10日 2021年4月9日
待乳山孝晴 元小結・播竜山 2016年5月6日 2021年5月3日
出来山双一 元関脇・出羽の花 2016年5月13日 2021年5月12日
桐山国由 元小結・黒瀬川 2016年5月14日 2021年5月12日
大島隆登 元関脇・魁輝 2017年6月12日 2022年6月11日
武隈敏正 元前頭・蔵玉錦 2017年9月3日 2022年9月2日
大山 元前頭・大飛 2017年10月16日 2022年10月15日
再雇用を希望しなかった年寄

相撲協会在籍者以外の保有編集

年寄名跡の所有者が退職、停年、死去などの理由で相撲協会の籍を外れた場合、その後本人や夫人等の近親者が名跡を所有することが可能である。但し、年寄名跡の取得者が不祥事などを起こして日本相撲協会から解雇などにより事実上破門された場合、所有者本人から年寄名跡を没収され次第、別の協会員の手に渡る運びになる。一例として大相撲八百長問題責任を問われ引退勧告を受けた霜鳳典雄の場合、所持していた年寄株(錦島)の保有が不可能になった[6]と報道されたが[7]、自身の逮捕により日本相撲協会から解雇された16代熊ヶ谷金親和行の場合は、株が没収されたという報道・情報はなく、2018年4月に玉飛鳥大輔が取得するまで株の所有者は金親のまま[8]とされていた。

年寄名跡一覧編集

現役名での年寄編集

例外として、正規の年寄名跡を襲名せずに年寄として活動できることがある。この時には、現役時の四股名を年寄名として使用する。一般には、後述の一代年寄のことを指す。

功績顕著によるもの(一代年寄)編集

現役時代の功績が著しかった横綱が引退した際、協会理事会がその横綱一代に限って認める年寄名跡である。退職まで有効。一代限りのため譲渡・継承は出来ないが、その代わり一代年寄の名跡と別に一般の年寄株を一つ保有することが認められる(一代年寄以外に認められている年寄株譲渡・貸株の権利を制限しないため)。目安としては、幕内最高優勝20回が挙げられる。

歴代の権利取得者は、大鵬幸喜北の湖敏満千代の富士貢貴乃花光司の4人。この内大鵬・北の湖・貴乃花が権利を行使し、それぞれ自前の部屋を構えた。千代の富士は九重部屋を継承する予定であったため、「部屋の名前は一代限りで無く末永く続くものにしたい」と辞退した。この他、朝青龍明徳は25回優勝したが、日本国籍を取得しないまま引退、年寄にはならずに相撲界を去った。現役力士では白鵬翔が40回優勝しているが、やはり日本国籍を取得していない。北の湖は理事長時代に、一代年寄であっても国籍要件の優遇措置はとらない方針を示している。

引退後、年寄として初めて番付に載る際は、上の名前が変わらないにもかかわらず一般の年寄と同様、氏名の上に「(四股名)改メ」と書かれる。また、審判委員に就任した場合、本来場内アナウンスでは「正面・審判長、『伊勢ヶ濱、元・旭富士』というように、年寄名跡と現役時代の四股名がアナウンスされるが、一代年寄の場合、「正面・審判長、『貴乃花』」というように一度だけアナウンスされる。

現役名年寄編集

引退時に年寄名跡を取得していない横綱や大関は、横綱5年・大関3年(1998年新設)に限り、現役時の四股名のまま年寄を名乗ることが出来る。引退後、年寄として初めて番付に載る際は、一般の年寄や功績顕著の一代年寄とは異なり、氏名の上に「(四股名)改メ」とは書かれない。委員待遇の正年寄であり、過去には「現役名年寄」のまま審判委員に任命された者もいる。一代年寄と同様、一般の年寄株を一つ保有することが出来る。過去には、自分の名跡を人に貸していたためこの規定を利用した例もある。

1998年の大関3年の規定の追加は、同時に定められた借株禁止の救済措置であった。同時に関脇以下の力士についても、上限2年、最大10名に対して同様の特例が定められた(この枠を特に「準年寄」といった)。しかし借株禁止の規定が程なく空文化したため、準年寄の規定は1年・5名への減員を経て、2006年に廃止された。

公益財団法人日本相撲協会の定款(財団法人時代は寄附行為施行細則附属規定)には、これらの基準に満たなくても理事会に諮り承認された場合は年寄になれることが明記されているが、2015年2月現在、この適用例はない。

横綱特権(廃止)編集

過去には、横綱になればその後の成績にかかわらず、引退後に自由に一代年寄を襲名したり返上したりすることができる時期があった。年寄名には引退時の四股名をそのまま用いる者もいれば、新たな名称を名乗る者もおり、その点についても横綱の自由だった。この特権は成績不振を続けながらも年寄名跡を所有していないために土俵に上がり続けていた男女ノ川を引退させるために協会が考案した制度と言われている[9]

この最後の例となったのが、吉葉山である。

一代年寄一覧編集

過去の一代年寄編集

年寄名 横綱・大関 経歴
功績顕著
大鵬幸喜
たいほう こうき
第48代横綱 2013年1月19日死去
北の湖敏満
きたのうみ としみつ
第55代横綱 2015年11月20日死去
貴乃花光司
たかのはな こうじ
第65代横綱 2018年10月1日退職
横綱特権
鬼面山谷五郎
きめんざん たにごろう
第13代横綱 1871年9月7日死去
梅ヶ谷藤太郎
うめがたに とうたろう
第15代横綱 →雷
男女ノ川登三
みなのがわ とうぞう
第34代横綱 1945年6月廃業
双葉山定次
ふたばやま さだじ
第35代横綱 →時津風
羽黒山政司
はぐろやま まさじ
第36代横綱 二枚鑑札で5代立浪
千代の山雅信
ちよのやま まさのぶ
第41代横綱 →九重
鏡里喜代治
かがみさと きよじ
第42代横綱 →粂川→立田川→時津風→立田川→二十山
吉葉山潤之輔
よしばやま じゅんのすけ
第43代横綱 →宮城野
横綱5年
朝潮太郎
あさしお たろう
第46代横綱 →振分→高砂
栃ノ海晃嘉
とちのうみ てるよし
第49代横綱 →中立→春日野→竹縄
若乃花幹士
わかのはな かんじ
第56代横綱 →間垣
北勝海信芳
ほくとうみ のぶよし
第61代横綱 →八角
大乃国康
おおのくに やすし
第62代横綱 →芝田山
旭富士正也
あさひふじ せいや
第63代横綱 →安治川→伊勢ヶ濱
曙太郎
あけぼの たろう
第64代横綱 2003年11月依願退職
武蔵丸光洋
むさしまる こうよう
第67代横綱 →振分→大島→武蔵川
大関3年
栃東大裕
とちあずま だいすけ
大関 →玉ノ井
琴欧洲勝紀
ことおうしゅう かつのり
大関 →鳴戸

一代年寄辞退者編集

年寄名 横綱・大関 経歴
功績顕著
千代の富士貢
ちよのふじ みつぐ
第58代横綱 →陣幕→九重

準年寄一覧編集

参考までに借り名跡には(借)を添えた。

準年寄名 引退時四股名 最高位 経歴
三杉里 公似
みずぎさと こうじ
三杉里公似 小結 →浜風→退職
小城乃花 昭和
おぎのはな あきかず
小城乃花昭和 前頭2 →高崎→出羽海
久島海 啓太
くしまうみ けいた
久島海啓太 前頭1 →田子ノ浦→死亡
旭豊 耐治
あさひゆたか たいじ
旭豊勝照 小結 →立浪
大翔鳳 昌巳
だいしょうほう まさみ
大翔鳳昌巳 小結 死亡
時津洋 宏典
ときつなだ ひろのり
時津洋宏典 前頭4 任期満了により退職
巌雄 謙治
がんゆう けんじ
巌雄謙治 前頭1 →小野川 (借)→山響
琴錦 功宗
ことにしき かつひろ
琴錦功宗 関脇 →若松 (借)→竹縄 (借)→浅香山 (借)→荒磯 (借)→秀ノ山 (借)→中村 (借)→朝日山
敷島 勝盛
しきしま かつもり
敷島勝盛 前頭1 →立田川 (借)→富士ヶ根 (借)→錦島 (借)→小野川 (借) →谷川 (借)→安治川 (借)→浦風
智乃花 伸哉
とものはな しんや
智乃花伸哉 小結 →浅香山 (借)→玉垣
朝乃翔 一
あさのしょう はじめ
朝乃翔一 前頭2 →若松 (借)→佐ノ山 (借)→関ノ戸 (借)→押尾川 (借)→若藤 (借) →退職
大至 伸行
だいし のぶゆき
大至伸行 前頭3 →依願退職
若ノ城 宗彦
わかのじょう むねひこ
若ノ城宗彦 前頭6 →西岩 (借)→退職
大碇 剛
おおいかり つよし
大碇剛 前頭11 →甲山
琴龍 宏央
ことりゅう ひろお
琴龍宏央 前頭1 任期満了により退職
燁司 大司
ようつかさ だいし
燁司大 前頭11 →二十山 (借) →若藤 (借)→関ノ戸 (借)→小野川 (借)→千田川 (借)→竹縄(借)→退職
五城楼 昭二
ごじょうろう しょうじ
五城楼勝洋 前頭3 →浜風→濱風[10]
金開山 龍水
きんかいやま りゅうすい
金開山龍 前頭6 →関ノ戸 (借)→稲川 (借)→千田川 (借)→田子ノ浦 (借)→岩友 (借)→三保ヶ関 (借)→高崎
闘牙 進
とうき すすむ
闘牙進 小結 →佐ノ山 (借)→浅香山 (借)→押尾川 (借)→ 千田川
隆の鶴 伸一
たかのつる しんいち
隆の鶴伸一 前頭8 →西岩 (借)→鳴戸→田子ノ浦
春ノ山 竜尚
はるのやま たつなお
春ノ山竜尚 前頭10 →竹縄(借)→退職

過去に存在した年寄名跡編集

東京相撲編集

1927年(昭和2年)の東西合併前には、東京相撲の年寄定員は88家と定められていた。そのうち現存するのは85家、返上または廃止されたのは3家である。

  • 根岸治右衛門(ねぎし じえもん)- 元々は「三河屋治右衛門」の屋号で江戸相撲の番付および勝負付の版元を務めた根岸家に対して認められた世襲の年寄名跡で、代々根岸家が継承したが、1952年(昭和27年)に10代目(本名:根岸 眞太郎、1910年4月10日 - 2005年12月18日)が相撲協会へ名跡を返上した。その折の要望で力士への譲渡は行われず、現在に至っている。番付に使われる書体の根岸流に名前を残している。
  • 木村庄之助(きむら しょうのすけ)- 行司名である木村庄之助は、かつては年寄名跡であったが1958年(昭和33年)限りで年寄名跡としては廃止された。
  • 式守伊之助(しきもり いのすけ)- 行司名である式守伊之助もかつては年寄名跡であったが上記の木村庄之助と同様、1958年限りで年寄名跡としては廃止された。一時、年寄・永浜を名乗った時もある。

大坂相撲編集

東西合併時において大坂相撲から22家のうち17家が繰り入れられた。その後1929年(昭和4年)に荒岩鏡山(大阪相撲由来の方で、現在も続いている鏡山とは別)の2家が廃家となり、1942年(昭和17年)5月に5家が追加復活した。

  • 荒岩 - 一代限りで1929年に廃家
  • 鏡山 - 一代限りで1929年に廃家

大坂相撲の年寄名跡編集

大正末年まで存在した大坂相撲では、東京相撲の年寄にあたる地位を頭取(とうどり)と呼んだ。頭取は力士経験者が襲名するのが原則であったが、時には侠客が襲名することもあった。1927年(昭和2年)の東西合同時における大坂相撲の年寄名跡は、全部で22家であった。

東西合併時の年寄名跡一覧
  • 荒岩(1929年限りで廃家)
  • 朝日山
  • 猪名川(東西合併時に廃家、1942年に安治川と改名して復活)
  • 岩友
  • 枝川
  • 藤島(東西合併時に廃家、1942年に大島と改名して復活)
  • 大鳴戸
  • 押尾川
  • 小野川
  • 鏡山(1929年限りで廃家)
  • 北陣(東西合併時に廃家、1942年に復活)
  • 不知火(東西合同時に廃家、1942年に復活)
  • 陣幕
  • 千田川
  • 高崎
  • 高田川
  • 竹縄
  • 時津風
  • 中村
  • 西岩(東西合併時に廃家、1942年に復活)
  • 三保ヶ関

脚注編集

  1. ^ 昭和前半ぐらいまでは、幹部クラスの親方以外は、現役関取よりも立場が下であったと言われている。
    『大相撲ジャーナル』2017年6月号68頁
  2. ^ 『相撲』2013年11月号75頁
  3. ^ a b c 日刊スポーツ 2017年3月4日
  4. ^ 元幕内宝千山が引退=大相撲時事通信社、2013年12月20日)
  5. ^ 琴欧洲引退 白鵬に敗れ「終わりが来た」 nikkansports.com 2014年3月21日9時52分 紙面から
  6. ^ その後錦島の株は同じ時津風部屋豊ノ島大樹を経て高砂部屋朝赤龍太郎に譲られた
  7. ^ 関与認定19力士全員が引退届提出も「納得はしていない」…八百長問題 スポーツ報知 2011年4月6日
  8. ^ 相撲協会を解雇されているため所有者の名義は本名の山村和行
  9. ^ 『相撲』2015年6月号136ページ
  10. ^ 名跡の変更ではなく、表記の変更である。

関連項目編集

外部リンク編集