メインメニューを開く

立石 二六(たていし にろく、1940年2月7日 - )日本法学者刑法学者北九州市立大学名誉教授。元京都女子大学教授。広島県呉市出身

目次

来歴編集

  • 1964年中央大学法学部卒業
  • 1973年中央大学大学院法学研究科刑事法専攻博士課程単位取得退学
  • 1974年北九州大学法学部専任講師
  • 1975年北九州大学法学部助教授
  • 1984年北九州大学法学部教授
  • 2000年北九州大学評議員・同学生部長
  • 2001年北九州市立大学法学部教授
  • 2002年北九州市立大学停年退官。同名誉教授。中央大学法学部教授
  • 2011年中央大学定年退職。弁護士登録(東京弁護士会)
  • 2011年京都女子大学法学部教授(同大学法学部長兼務)

著書編集

  • 『ケーススタディ刑法II・III・IV』(共著, 法学書院, 1976年~1977年)
  • 『刑法基本講座第5巻‐財産犯論』(共著, 法学書院, 1993年)
  • 『刑法総論』(成文堂, 1999年初版・2008年第3版)
  • 『刑法総論27講』(編著, 成文堂, 2004年)
  • 『刑法各論30講』(編著, 成文堂, 2007年)
  • 『刑法解釈学の諸問題』(成文堂, 2012年)

などがある。

参考文献編集

外部リンク編集