メインメニューを開く

立花 寛正(たちばな ともまさ、1859年6月13日安政6年5月13日[1])- 1939年(昭和14年)2月19日[1])は、日本の実業家

福岡日日新聞を創刊して終始一貫その経営に参与した[2]。福岡日日新聞社の資本主代表者[3]でもある。

第九十六国立銀行(柳川銀行)取締役、福岡県会議員、柳川興産会社社長、城内村村会議員[4]、福岡農工銀行取締役[5]などを務める。

筑後柳河藩の第十三代当主である立花鑑寛(あきとも)の三男で、立花家一門の立花大学家の第七代当主。二男寛治(ともはる)が、立花家一門の立花大学家の養子となっていたが、1873年(明治6年)1月に長男鑑良が病死したため、実家に復籍した。このため、十時家に養子に行っていた三男である寛正も実家に復籍して、立花中務の養子となり[1]立花通厚の興した大学家家督を相続。

慶應義塾福沢諭吉門下生。寛正は福沢諭吉が1890年(明治23年)、慶應義塾に大学部を設立した時に在学していた。諭吉が訪米した際、寛正も誘いを受け、本人は渡米を希望したが、断念。

夫人千代子は、立花親徳の次女。

前列左から寛正、立花理子、寛治、寛治妻 中列左から貞子、敏子 後列左から艶子(鑑徳夫人)、千代子(寛正夫人)、鑑徳、西高辻ハル子(太宰府天満宮西高辻信夫夫人)、文子(鑑徳長女)
大正15年4月1日          寛正は前列左

墓所は福厳寺 (柳川市)

脚注編集

  1. ^ a b c 平成新修旧華族家系大成 下巻』霞会館華族家系大成編輯委員会、霞会館、1996年、46頁。
  2. ^ 日本人物情報大系39(企業家編 9)』芳賀登、皓星社、2000年3月。ISBN 4774402753OCLC 975364187
  3. ^ 西日本新聞百年史. 西日本新聞社. (昭和53年3月31日). 
  4. ^ 秀村選三 (昭和55年9月15日). 西南地域史研究第4 編輯. 西南地域史研究会(九州大学経済学部日本経済史研究室内). 
  5. ^ 新藤, 東洋男『自由民権運動と九州地方 : 九州改進党の史的研究』古雅書店、1982年、[要ページ番号]OCLC 835386214